不妊治療

no image

事実婚でも不妊治療への援助が認められる可能性

https://www.asahi.com/articles/ASK755JM1K75ULBJ00B.html今は法律的に結婚したカップルにしか不妊治療援助は認められていません。欧米では事実婚も立派な婚姻形態と認められており、複数の国で不妊治療の援助対象内となっています。日本も早くこの状況に追いついてもらいたいものです。もっとも、第三者の精子を利用した妊娠に関しては、補助が

no image

急増する精子バンク需要

https://www.news-postseven.com/archives/20130728_201578.html現在もこの状況は変わっていません。

no image

初の体外受精成功例

https://mainichi.jp/articles/20170322/ddg/001/040/002000c精子提供とはある意味真逆の概念ですが、不妊対策の一例として紹介します。代理母とは違い、卵子そのものを第三者から提供してもらうやり方です。精子提供の女性版といえます。こちらも法整備が整っておらず、誰でもできる状況にはなっておりません。精子提供と同様、早期の法整

no image

女性の3人に1人が不妊に悩んでいる

https://mainichi.jp/articles/20170626/k00/00m/040/029000c「不妊に悩んでいるのはごく小数の人だけ」という考え

no image

日本初の卵子提供例

https://www.bengo4.com/internet/n_5869/精子提供があるのだから、当然卵子提供もあります。その事例が日本で初めて出ました。この記事で言われているとおり、法整備な

no image

多様な家族のあり方を認める時代へ

https://www.cyzowoman.com/2016/11/post_120821_1.html時代は変わりつつあります。昔はヘテロセクシュアル(男と女)が子ども

no image

卵子保存という選択肢

https://news.nifty.com/article/item/neta/12194-712890/卵子の劣化が避けられない場合、事前に凍結して保存しておくという

no image

不妊治療にいま企業は着目している

https://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/050200094/052900002/?ST=h

no image

精子の状態をチェックできるアプリ

https://news.yahoo.co.jp/byline/tsunemiyohei/20170624-00072492/妊活もここまで来たかという