no image

どのようなセクシュアリティも受け入れます

前回の記事で申し上げたとおり、アセクシュアルの方にも対応しています。アセクシュアルに限らず、ノンセクシュアル、レズビアン、選択的シングルマザー、男女カップルを始めとして、ほぼすべてのセクシュアリティの方への提供実績が

no image

アセクシュアルの方への提供について

最近、アセクシュアル(無性愛)の方からへの提供依頼が増えていますので、一度まとめておきたいと思います。まず、アセクシュアルであるかどうかに限らず、提供はすべての人に行っています。そこに一切の差別はありません。自らのセクシュアリティを気にせずに依頼していただいて構いません。「アセクシュアルの人は冷たい」「愛情に欠けている」という勘違いをする方がいらっしゃいますが、これらは恋愛感情と愛

no image

男女カップルからの依頼も増えています

不妊対策の一環として、精子提供・卵子提供を提供するーーもはやそれは珍しいことではありません。欧米では日常的に行われていますし、アメリカのように産業にまで発展している国もあります。日本ではまだまだ認知が進んでいませんが、事例は確実に増えているなと実感します。ここ数年で、不妊夫婦からの依頼が3倍にまで増えました。「色々試してみたけどうまく行かなかった」「費用・時間・ストレスがかかる不妊治療より

no image

不妊治療は男性から始めるべき

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO30525240V10C18A5000000?channe

no image

精子提供で子供を作る著名人

https://movie.walkerplus.com/news/article/148088/スペインの女優、モニカ・クルスは、独身主義で知られています。そのため、精子提供によって子供を

no image

不妊治療には時間と費用がかかる

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/22/how-much-does-it-cost_a_23440373/

no image

増加する「不妊退職」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180524-OYTEW260313/晩婚化の影響か、不妊カップルは昔に比べて急速に増えていま

no image

パキスタンでLGBT保護法が成立する

https://www.newsweekjapan.jp/mutsuji/2018/05/lgbt_1.phpほとんどの先進国には、性的少数者を保護する法律があります。日本だけが

no image

LGBTも里親として認められる

http://blogos.com/article/298210/渋谷区が同性愛カップルを認めた次は、東京都が里親の基準を緩めました。東京はLGBT保護に関しては日本で最先端と言えます。この流れで、(性転換せずとも)同性愛

no image

精子の状態を検査できるキット

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201805/CK2018052202000176.html