no image

男女の産み分けに関して

当サイトでは、男女の産み分けに関して最大限協力しています。科学的に最も確実な産み分け方法は着床前診断ですが、これは日本では禁止されています。それ故、産み分けゼリー等で産み分けをご協力する形になります。着床前診断以外の産み分けは100%成功するものではありません。これは、日本の病院で産み分け指導をしてもらう場合も同様です。着床前診断以外の方法で確実に産み分けることはできな

no image

安全・安心を最大限考慮します

昨今、治安が悪化し、詐欺等の被害も増えています。精子提供を受ける際にそのような事件に巻き込まれることを懸念するのは最もです。当サイトでは、待ち合わせも面談場所も人通りが多い場所にしています。被提供者様の安全を確保するためです。また、事前にしっかり面談でお話をして、安心した上で提供に望んでもらっています。安全・安心を第一に心がけておりますので、お気軽にお申し込みください。

no image

近親婚のリスクに対する考え方

http://www.afpbb.com/articles/-/2833714精子提供をあまりにも多くしすぎると、近親婚のリスクが上昇します。記事のように500人を超えるとその影響は無視できなくなってくるで

no image

医師が精子提供で不正行為をする

http://www.afpbb.com/articles/-/3128128?act=all医師が精子提供や不妊治療の際に不正行為をする事例が発生しています。不妊治療の例としては、

no image

精子提供を始めたきっかけは、女友達の死でした

重いタイトルになりますが、事実を述べます。 私は大学生の頃、仲のいい女友達がいました(Hとします)。その頃は彼…

no image

子どもの生物学上の父を知る権利について

精子提供で産まれた場合、生物学上の父親が誰かが自明ではなくなります。将来的に子どもが大きくなって、「生物学上の父親を知りたい」と希望されるかもしれません。この申し出に関しては、子どもが成人してからであれば、基本的に受け付けております。サイトの運営は今後もずっと続けていくつもりなので、もし産まれたお子様が父親を知りたがった場合は、成人後ご連絡ください。実際にこれまでも、「子ど

no image

同性婚を認めるかどうか議論される

https://mainichi.jp/univ/articles/20180315/org/00m/100/…

no image

30歳を過ぎると1000万かけても子供が手に入らないことがある

https://www.huffingtonpost.jp/2017/12/20/koizumi-family…

no image

ヨーロッパは性的マイノリティにも平等である

私はヨーロッパに暮らしていたことがあるのですが、あちらはゲイ・レズビアン・FtM・シングルマザーなどなどのマイ…

no image

AIDを行っている施設一覧

2018年現在、少なくとも12施設がAIDを行っています。 AIDを検討されている方は、ご活用ください。 施設…