no-image

無精子症と向き合う夫婦

https://withnews.jp/article/f0180630001qq000000000000000W08110101qq000017567A

子供が当たり前のようにできないというのは辛いことです。そして、当事者しかその真の辛さはわかりません。不妊治療の成功率は低く仕事との両立も困難です1000万かけてうまくいかないこともあります。そのような厳しい現実を知った上で、なお不妊治療に取り組む夫婦を私は尊敬します。

もし、精子提供という選択肢を取るとしても、それは何ら後ろめたいことではありません。どのような選択でも、当事者が選んだ以上は、他人はそれを尊重すべきです。私は精子提供者として、依頼者の利益に最大限叶う手助けをしたいと思っています。

お問合わせはこちらのページからお願いします。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ