no-image

心臓病の原因遺伝子の修復に成功

http://www.asahi.com/articles/ASK832QJ2K83ULBJ001.html

倫理的に意見がわかれるところではありますが、胚をいじって障害や病気になりやすい赤ちゃんを減らすことはもうすぐ可能になるでしょう。
iPS細胞などを使えば女性同士の生殖も可能になる見込みが強いです。

お問合わせはこちらのページからお願いします。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ