no-image

各種精子提供方法の比較

こちらを見て分かる通り、シリンジ法が最も効率が悪く、タイミング法が最も効率がいいです。
実際に提供したデータを元にしているので、確実かと思います。

確かにシリンジ法や医療機関利用の方が提供者としても負担は少ないです。
しかし、シリンジ法は妊娠率が低く(理論的には同じそうですが、実際にやると明らかに低いです)、医療機関は一度あたりの費用が非常に高いです。
なので、色々話し合った結果、「タイミング法でお願いします」と頼まれるケースはかなり多いです。

お金がなくなって生活費や養育費が足りなくなる…という事態は絶対に避けたいので、毎回提供前に相談をして調整をしています。
そして、シリンジでもタイミングでも医療機関利用でも、全ての場合で全力で提供に当たらせていただきます。
ボランティアだからといって手を抜くことはしませんので、ご安心ください。

お問合わせはこちらのページからお願いします。