no-image

進む性マイノリティへの保護

http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/975142/1

フランスで生殖医療が解禁される流れを紹介しましたが、これはフランスだけではなく、EU全体がその方向に向かっています。
いずれほとんどのEU国家で保護がなされるでしょう。長くとも10年かからないと思います。

一方日本は、その兆しがありはしますが、非常に小さいです。
未だに「同性婚は日本の伝統を壊す」と言って反対している議員がいるぐらいです。
(日本の伝統から言うと、同性愛は江戸時代まで脈々と続いていたのですが)

残念ながら日本でLGBTが「普通の人」「個性の一種」として認められるのはまだ時間が長くかかるでしょう。
私も微力ながら正しい知識の周知を広めてますが、まだまだ道のりは長いと思います。
しかし歳を取ると子どもが作りにくくなるのも事実、今は精子提供という形でボランティアをしています。
今後も頑張っていきたいです。

お問合わせはこちらのページからお願いします。