no-image

シリンジ法の危険性

シリンジ法は「膣内注入法」とも言われ、スポイトのようなもので精子を吸い上げ、直接膣内に注入する方法です。

医療機関で行われている、基本的には安全な方法ですが、リスクがないわけではありません。

例えば、不衛生な場所で注入を行った場合、雑菌が入ってしまい炎症を起こす可能性があります。
また、うまく注入しなかったり、注入が遅れた場合、精子が弱り、妊娠率が下がる可能性もあります。
そういう意味ではタイミング法の方が安全で、事実タイミング法の方がこれまでの統計でも妊娠率がいくらか高くなっています。

当サイトではシリンジ法・タイミング法両方受け付けており、安全なシリンジ法のノウハウもあります。
どちらを選ぶ場合でも、最後までサポートしますので、お気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちらのページからお願いします。