不妊治療

no image

大学が行う不妊治療に関するインタビューへの協力のお願い

私はこの度、兵庫医科大学先端医学研究所の入澤様という方から、「不妊患者のプライバシーと子の出自を知る権利の在り方―真実告知体制の構築―」という表題の研究に関するインタビューを受けることになりました。研究概要の公開の許可を頂いたので、興味がある

no image

テレビの取材を受けました

(下記を再生すれば、自動的に15分37秒の私のインタビューの部分から始まります)

no image

GID/LGBT はもはや「普通」

GID/LGBT カップルへの提供数が、30を超えました。彼らは全て子どもを授かっており、もはや「普通」に子どもを持つ時代となったと実感しています。現在相談される方の 1/3 はGID/LGBT の方です。その他はシングルマザーが1/3、不妊

no image

あなたは異常ではありません

少し過激なタイトルになってしまいました。何を言いたいかというと、「世の中には様々な人がいる」ということです。精子提供のボランティアをやると、普通に生活していると会わないような方に良く出会います。選択的シングルマザー希望者。FTMと女性のカップ

no image

生殖補助医療の法整備が議論される

https://mainichi.jp/articles/20180929/k00/00m/040/199000cようやく日本政府も法制化に乗り出したようです。この改正による

no image

不妊治療は夫婦で行う

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00010003-chibatopi-l12

no image

無精子症と向き合う夫婦

https://withnews.jp/article/f0180630001qq000000000000000W08110101qq00001756

no image

男女カップルからの依頼も増えています

不妊対策の一環として、精子提供・卵子提供を提供するーーもはやそれは珍しいことではありません。欧米では日常的に行われていますし、アメリカのように産業にまで発展している国もあります。日本ではまだまだ認知が進んでいませんが、事例は確実に増えているなと実感します。ここ数年で、不妊夫婦からの依頼が3倍にまで増えました。「色々試してみたけどうまく行かなかった」「費用・時間・ストレスがかかる不妊治療より

no image

不妊治療は男性から始めるべき

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO30525240V10C18A5000000?channe

no image

不妊治療には時間と費用がかかる

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/22/how-much-does-it-cost_a_23440373/